真面目な出会い系の種類

011003

まず最初にとても大切なことを確認しておきます。当サイトでご提案する出会い系はきちんと法律にそって届出をしている「インターネット異性紹介事業」だけです。

最近は出会いをうたっていながら、届出をしてないサービスが増えていますが、そのようなサービスは本来は異性間の出会いを目的とした活動は禁止されており、そこで恋活することは大きなリスクを伴うのでオススメできません。

というわけで、インターネット異性紹介事業であるという条件を大前提として、真面目な出会い系の3つのタイプを見て行きます。

婚活サイト

まず1つ目は結婚相手を探す婚活サイト。いわゆる結婚相談所系のサービスです。これはちゃんと独身証明書などの書類審査があり、料金もかなり高めの設定になっています。そのかわりサポートもアツいのがメリットですね。

ただ、婚活サイトをうたっただけの悪質なサービスも多いのが現状です。先述のような書類審査もない上に、ただ料金設定だけが高いサイトです。書類審査がないサイトは本当の意味での婚活サイトとは言えません。だって、普通に既婚者も参加しているんですから。

Faceboookアプリ

2つ目は最近増えているFacebookを活用したアプリですね。婚活サイトに比べると、もう少しカジュアルで、普通は独身かどうかを確認する書類審査はありません。

ただ、基本的には実名登録が多いFacebookのアカウントを利用するので、いわゆる出会い系サイトに比べると参加者の信頼性は高いのがメリットです。比較的賑わっているサービスとしてはOmiai、pairs、アイルなどがありますね。

コミュニティサイト

そして3つ目は、ひとまず結婚うんぬんは抜きにしてお付き合いできるパートナーを探すコミュニティサイトですね。出会い系というと、一般的にはこのタイプをイメージする方が多いと思います。当サイトで紹介しているのもコミュニティサイトです。

コミュニティサイトにもやはり悪質なサービスが多いのですが、きちんと優良なサービスさえ選べば、リーズナブルな料金で気軽に出会いを探すことができます。

ただ、コミュニティサイトの場合は必ずしも真面目な出会いを求めている人達ばかりではなく、大人の割り切った出会いを求めている人達も混ざっています。

でも大丈夫。真面目な出会いはピュア掲示板、大人の出会いはアダルト掲示板と言ったように、募集する掲示板もちゃんと別れていますよ。有名どころでは、ワクワクメール、ハッピーメール、PCMAXなどがあります。

目的にあったサービス選びを
このように真面目な出会い系と言っても、その真面目度合にも違いがあります。一般的には婚活サイト⇒Facebook出会いアプリ⇒コミュニティサイトという流れで、カジュアルな出会いになっていくと考えると良いですね。

まずは目的にあったサービスをしっかり選ぶことが大事なんですね。

何も考えずただ真っ直ぐにぶつかって行けた恋

何も考えずただ真っ直ぐにぶつかって行けた恋

中学時代の思い出の恋の話をしたいと思います。

当時、好きだったのは同級生の男の子でした。普段は寡黙なタイプなのに、自分の好きなことになると、まるで小さな子供のように夢中になってはしゃいでしまうところが大好きでした。

ちょっと話したり、目があっただけで嬉しくなったり、他の女の子と仲良くしていると悲しかったり、いつも彼のことで頭がいっぱいでした。

中学を卒業する頃になって、後悔はしたくないと勇気を出して告白しました。しかし、他に好きな人がいるからと言われ、振られてしまったのです。

あとから聞いたウワサによると、私と仲の良かった友人とその直後から付き合い始めたようでした。

今思えば、勢いのまま急に告白するのではなく、もっと仲を深めて準備をしてからにすべきだったなぁと反省しました。

その反省が悪かったのか、成功する可能性が出るまで下手に待ってしまったり、変な計算や行動ばかりが多くなって、準備期間がだいぶ長くなっているように思います。

好きな人ができたら一生懸命に想いをただ伝えるということは、成長するにつれてなかなか上手くできなくなってしまいました。

次の恋ではあの頃のピュアさを思い出して、ダメもとでぶつかってみようかな!

大学卒業時にデートに誘ってくれた彼への気持ち

大学卒業時にデートに誘ってくれた彼への気持ち

就職を控えた、大学最後の春休み時期のことです。

私の学部は男子学生が多かったこともあり、単なる友人として男友達に囲まれての日々を過ごしました。

却って学部内でカップルになることは珍しく、彼氏が欲しいとも思わなかった私ですが、卒論前のゼミで共同研究をした男の子2人から、出掛けようとお誘いを受けたのでした。

研究のために徹夜で過ごしたこともある仲でしたから意識もしていなかったので、デートなんて気恥ずかしく茶化して終わりにしてしまいました。

数年経った同窓会でその子が早々に結婚し、今は海外で研究していると聞きました。それに当時、私のことを好きだったことも。

同級生たちからは「あの時に付き合っていれば、今頃海外で研究だったかもね」なんてからかわれたのです。心の中では、あの時に誘いを茶化してスルーしたことを心底、後悔したのでした。

人の気持ちは移ろうものですが、好きという気持ちは一番に大切にすべきだったと思いました。苦くもありまた甘いような思い出となって、今でもチクッと胸をさしてきます。

一瞬で恋に落ちることってあるんですね

一瞬で恋に落ちることってあるんですね

人生の中で一瞬で恋に落ちることなんて、さすがに無いでしょ!と今まで思っていた私。

じっくりと相手の性格をみてから好きになるタイプだと思っていたのが、一目惚れをしてしまった体験です。

高校1年生の時、まだ幼く感じる同級生ではなく、3年生の先輩に憧れるとのいうのが友達の間で流行っていました。

そんな中、私が恋に落ちたのは球技大会の時でした。当時、体育委員だった私は試合の点数を付ける係りになっていました。

地面にチームの点数をしゃがみながら書いていたのですが、その時に知らない先輩が「おつかれさま!今オレのチーム何点?」と声を掛けてきたのです。

上を向くと、やや逆光気味で見えたその先輩の顔は輝いて見え、満面の笑みでこちらを見ていました。その笑顔がすごくキラキラしており、カッコイイなぁ...となぜかポカーンとしてしまったのでした。

これが、一目惚れなんだなぁと思いました。告白をして、残念ながら振られてしまいましたが、2人並んで撮ってもらった写真は、今でも甘酸っぱい思い出として大切にしまってあります。